お酒を控える節約術

お酒を控える節約術食事代・食費での節約
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

お酒を控えて生活費を節約できた方法

私は、毎日の晩酌をお酒から炭酸ジュースにすることにより節約をしております。

かつては、仕事から帰ってきて、とりあえず一本缶ビールや缶チューハイを飲み、夕飯・お風呂等が終われば本格的な晩酌時間を過ごしておりました。

その本格的な晩酌の時は、テレビやパソコンを見ながら、350mlの缶を3~5本飲んでおり、それに伴い、ポテトチップスや珍味などのおつまみも食べておりました。

しかし、晩酌の時に飲むのがアルコールでないといけないかといわれるとそんな事はありませんでした。

パソコンやテレビを見る時に口が寂しかっただけで、アルコールを炭酸飲料水に変えても満足のいく時間が過ごせたのです。

これにより、毎日の夜の時間の飲み物が、アルコール350mlの缶(3~5本)+おつまみから、500mlの炭酸飲料水のみになり、大きな節約につながりました。

お酒を控える節約術で月にいくらくらいの節約になったか

 

毎日缶チューハイを3~5本飲んでおり、その時のおつまみ代は一日3~400円ほど。

少なく見積もっても、3本×100円=300(アルコール缶代)  300円(おつまみ代)
合計1日600円 600円×30日=18000円
約18000円の節約になりました。

 

 

お酒を控える節約術をやって良かった点、悪かった点

 

禁酒節約術をやって良かった点は、3点あります。

まずは、1つ目は何より、毎月約18000円の余裕が生まれた事です。

年間にすると、20万円以上も節約になるので、かなり良いです。

2つ目は、体が健康になり、毎朝の目覚めが良いことです。

毎晩アルコールを飲んでいると、体がだるくなります。

ついつい深酒をしてしまうと、翌日は一日中しんどかったり…
アルコールを摂取せず、毎晩快眠、毎朝快調です。

3つ目は、体重が減ったことです。

アルコールと一緒におつまみを食べていると、どんどんおなかが太ってきて、20代前半の時と比べると、体重差が10キロくらいに。

ですが、アルコールを飲まなくなり、おつまみの摂取も減ったので、だんだんと痩せてきました。

悪い点は一つ。

お酒が弱くなり、会社や友人との宴席で、以前ほど楽しめなくなったことです。

お酒を控える節約術を続けるためのコツ

 

禁酒節約術をされる方へ、まず、そのお酒は絶対に飲まないといけないのかを考えてみましょう。

お風呂に入ったあとの一杯が日課になっているから…などと、当たり前になってるからアルコールを飲んでいる状況ではないでしょうか。

そのアルコールをジュースに変えたらどうですか?
一度試してみましょう。

もちろんアルコールを摂取すると楽しいですし、嫌なことも忘れることが出来ます。

でも、毎日飲む必要はありますか?
一週間のうちに、禁酒日を作り、快眠で気持ちの良い朝を迎えてみましょう。

そうすると、自然とアルコールの量が減っていき、節約につながっています。

タイトルとURLをコピーしました