食費を抑えて健康的な節約生活

食費を抑えて健康的な節約生活食事代・食費での節約
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

食費を抑えて健康的な節約生活

急に収入が少なくなり、家賃などを除くと多くても3万円で、約一か月1万円という時もありました。

 

家賃、通信費、光熱費などはさほど節約できないので、切り詰められるのは食費です。

 

まずはお米・調味料などはまとめて購入しておく、あと1週間に1回か2回ぐらいだけ買い出しに行き、行くのは普通のスーパーではなく激安スーパー

 

お買い得品を探して買います。

買うのは、野菜、卵、お肉などです。

 

お菓子は安いのがあったら時々買います。

果物とかもお買い得なものがあれが買います。

 

甘いものも時々食べたくなるので、ホットケーキの粉で自分で手作りしたりしていました。

あとはなるべく電車を使わず歩き3駅ぐらいは歩く。

食費を抑えて健康的な節約生活で 月にいくらくらいの節約になったか

当時1か月節約生活という、テレ部番組がありましたが、それに近い生活をしていました。

 

1人で1か月食費が1万円以内です。

1週間で使う食費は約千円から2千円までです。

 

どうしてもお米とか、調味料など買わないといけないときは2千円とは別に買います。

しかし食費が1万円を超えることはないです。

食費を抑えて健康的な節約生活術をやって良かった点、悪かった点

 

当時お金はなかったですが、時間はあったので、安いお店をさがして買いに行ったり、安い食材でもおいしく食べられる料理を工夫しりして生活していました。

 

当時を思い出すと健康的でおいしいものを食べていたような気がします。

まずごみが少なくなりました。

 

1週間でレジ袋1つくらいです。

あと体重が減りました。

 

無理なくダイエットできました。

 

でも栄養が偏ったりなどはなく質素ですが野菜、たんぱく質、果物などちゃんと取れていて健康的な食事ができていたと思います。

 

忙しく料理する時間もあまりない今より健康的でおいしいものを食べていたような気がします。

 

時間はあったので、毎日いろいろ料理を工夫して、デザートまで食べていました。

 

お菓子もつくっていました。

結構楽しい思い出です。

 

悪かった点は、人と外食に行ったりはできない事です。

また、外食できないので、あまり出かけられない事です。

 

常に、目を皿のようにして安い物を探さないといけない。

私は好きですが!そのために足を使う!健康にいいですが!

食費を抑えて健康的な節約生活術を続けるためのコツやこれから始める方へのアドバイス

今は、忙しくて食べる事にあまり時間が取れず、つい出来合いの物を買って食べたりしますが、少しの時間でも料理をして自分で作ったほうが安く、健康的な食事ができると思います。

 

なるべく、休みの日や時間がある時に買ってきた野菜を料理しておいたりします。

 

ネットで、レシピなどをチェックすると安くてもおいしいく食べる方法がたくさん載っているので参考にします。

 

外食は特別な時だけ、やっぱり自分が作ったのが一番おいしいと思います。

 

これから節約生活を始める方へのアドバイスとしては、節約はまず楽しむ事!おいしく健康的で、ごみも少なく、いいことだらけです。

 

悲痛にならず楽しんで初めていただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました