ランチ代や車のガソリン代をコツコツ節約

節約
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ランチ代や車のガソリン代をコツコツ節約:どのような方法で生活費を節約しましたか

食費の節約会社の写真食堂、定食で500円以下ではあるが、食の安全が守られているのか疑問であったため、ランチをカロリーメイトに変えて節約。

 

購入はコンビニではなくドラッグストア等にする。

コンビニは定価での販売だからである。

 

飲み物もヨドバシドットコムでパックの野菜ジュースとする。

ポイント還元があるためドラッグストアよりも安く購入できる。

 

車のガソリン代の節約これまで冬の間はリモコンスターターで車のエンジンをかけ、あたため暖かい車内に乗り込んでいたが、これをやめてみた。

 

ランチ代や車のガソリン代をコツコツ節約: 月にいくらくらいの節約になりますか?

ランチ
500円×22日=11000円
139円×22日=3058円
7942円の節約

ガソリン
30000万円/月が10%削減できたので3000円の節約
合計で約10000円/月の節約

ランチ代や車のガソリン代をコツコツ節約:節約術をやって良かった点、悪かった点

正直、500円のランチでは材料が国産であることはまずないと思われる。

野菜や肉類、どんな作り方をしているのか分からないような海外産であることは間違いないと思っている。

 

そんなものを食べるよりは大塚製薬のカロリーメイトを食べた方が安全であると信じているためここは良かった点だと思っている。

 

それにカロリーメイトやパック詰めされている野菜ジュースは常温で保存が可能なため、買い置きしておいてもなんの問題もない。

 

これも良い点である。

 

また、カロリーメイトにはチーズ、フルーツ、チョコレート、メイプル、プレーンといった味のバリエーションも豊富であるため飽きないのである。

 

野菜ジュースもカゴメや伊藤園などから発売されているため、味が選べる点も良い点である。

 

ガソリンの節約に関しては、乗り込んだ時に温まっていないことが悪い点ではあるが、これが普通だと思えば、どうってことなく、ガソリン代を節約でき、アイドリングストップで環境にも優しいのが良い点だと思っている。

ランチ代や車のガソリン代をコツコツ節約を続けるためのコツやこれから始める方へのアドバイス

 

コツ…それは無理なく続けられるものである必要があると思います。

カロリーメイトブロックはまるで宇宙食のようなものです。

 

味もいろいろあるので飽きることもありません。

 

しかし、これだけではパサパサして飲み込むのが大変ですが、ここで野菜ジュースが活躍するのです。

 

車のエンジンアイドリングをやめるだけで10%も燃費が向上するのです。

アクセルワークで10%も燃費を向上させることは不可能に近いです。

 

これを考えれば朝乗り込んだ時の快適性など我慢すべきだと思いました。

塵も積もれば山となる。

 

まずは小さなことから始めることだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました