一人暮らしの男性の普通の節約術で生活費を節約

一人暮らしの男性の普通の節約術で生活費を節約生活での節約
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

一人暮らしの男性の普通の節約術で生活費を節約

一人暮らしをするにあたって生活費を大まかに分けると食費・雑費・水道光熱費・通信費・家賃・交際費等になります。

私自身もネットで節約方法を探していましたが、色々な方法がありました。

その中で簡単に行えそうだなと思ったのが食費の節約です。

食費は誰でも分かる通り、自炊をするかどうかでかなり違ってきます。

節約方法を探すまでは外食やコンビニ等で買って済ませていました。

貯金が中々出来なかった為、節約をする決意をしました。

節約方法としては、なるべく自炊するようにする事と買い物はスーパー等でなるべく安く済ませる事を意識していきました。

自炊を継続する事は一人暮らしの男性にとって難しいですが、食費を1週間ごとに決めてその中でやり繰りするようにして節約しています。

又、職場のお昼はお弁当を作り、飲み物は水筒を用意して出費を抑えるようにしています。

一人暮らしの男性の普通の節約術で月にいくらくらいの節約になったか

以前までは外食等が多かった為、月に4~5万円ほど食費がかかっていました。

現在は1週間で約6千円を目途に食費をかけるようになり、計算上では2万5千円ほどで済むようになりますが、時々、外食等もしてしまっている為、実際は約3万円ほどかかっています。

しかし、以前までは4~5万円ほどかかっていた食費が約3万円ほどまで抑えられている為、月に約1~2万円ほどの節約になっていると思います。

一人暮らしの男性の普通の節約術をやって良かった点、悪かった点

まず、節約術をやって悪かった点は自炊をするのが面倒くさく手間がかかるという事です。

いきなり毎日自炊をしていくというのは難しいと思います。

又、料理ができない人やキッチンが小さく自炊しずらい環境の場合には行いづらい点があります。

料理をしたくないと思う人もいると思うのでそういった人には向かない節約方法かと思います。

逆に良かった点は、料理のレパートリーが増える点です。

自分ひとりであれば難しいものを作る必要はないので、手間はかかりますが、かかりすぎる心配はないと思います。

又、1週間の食費を決める事によって余計な買い物を避けられるようになるのもおすすめです。

食費を抑える節約術は個人的に他の出費に比べて簡単で取り組みやすい物かと思います。

一人暮らしの男性の普通の節約術を続けるためのコツ

 

節約を継続する為には、いきなり頑張りすぎずに徐々に変えていく必要があります。

例えば1週間に1度は必ず自炊をしない日を作って外食する日を作る等、自分へのご褒美のような物が必要だと思います。

食費に使える金額を決める・買い物をする時はスーパー等で安く済ませる等、少しずつ意識を変える事から取り組む事が節約をしていく上で大事な事だと感じています。

自分もこれからもっと出費を抑えられるよう頑張っていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました