服は直して着て、持っている服で着回し節約術

服は直して着て、持っている服で着回します生活での節約
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

服は直して着て、持っている服で着回し節約術:どのような方法で生活費を節約しましたか

主に私のものだけですが、穴が開いたら、布をあてたりして補修します。

家着なら適当に家に余ってる布でやります。

外に着ていく服で、ちょっと穴が開いてしまった場合、違和感がないようなものを探し、家になければ、100円ショップなどでレース等買ってきて、変でないか確認しつつ補修してます。

靴下もひどい穴あきでなければ、同じような色で伸びる布、履かなくなった靴下等を切って縫い付けると意外と目立たず、外にも履いていけます。

 

服は直して着て、持っている服で着回し節約術: 月にいくらくらいの節約になりますか?

貰い物の服があったこともあり、4年間で2000円程度のズボン1本しか買ってません。

ほぼ0円です。

服は直して着て、持っている服で着回し節約術をやって良かった点、悪かった点

良い点は、服を買わないので、持っている服を有効に活用としようと考え、資源の無駄を減らせていると思えることです。

また、服は本当に必要になった時にしか買わないので、季節ごとに行われるセールに惑わされることがなく、衝動買いもしなくなりました。

持っている服で着回すことを考えるので、今日は何を着ようと迷うこともなくなり、買う時間も節約になります。

その他、自分の手が加わることにより、服にも愛着がわき、上手にできると眺めていたくなる位の自己満足に浸れます。

悪い点は、直すのに時間を取られる点です。

忙しいとなかなかできません。

また、どうやって補修しようかなぁ、と考えてしまう為、手付かずになり溜まっていってしまう点です。

服は直して着て、持っている服で着回し節約術を続けるためのコツやこれから始める方へのアドバイス

裁縫が苦手な人には向いていないかもしれません。

ですが、最近は便利な接着剤があるので、ちょっとした穴程度なら、接着剤つけてつけたいものをつければ良いので簡単にできると思います。

また、持っているものを活用して着回せば、必要以上の服を持つ必要もないので、家の中もスッキリすると思います。

私のような服にこだわりのない方でしたら、取り組みやすいと思います。

服が大好きな方でも、すぐに新しいものを買うのではなく、持っているものをどう組み合わせて着回せるか考えるのは楽しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました