私流の節約方法はやはりシンプル

シンプル節約節約
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

結局はシンプルに節約

節約するためにはもちろん家計簿をつけるということもやっていますが、それだけでは節約できません。

 

1ヶ月の生活費を毎月必ず使うお金はあるわけですからそれは節約できません。

 

家賃、公共料金、食費、日用品、通信費などとそれぞれ封筒に分けておくことにより、それ以上使ってはいけないという自覚が出来ます。

 

この方法で、無駄なお金は使わないでその分を貯金することが出来ています。

それから電気もつけっぱなしにせずに常に消すように心がけています。

毎月最低2万円貯金
毎月最低2万円貯金:どのような方法で生活費を節約しましたか 給料明細を見て、だいたいいつも使う額を把握して「今月はこのぐらい残しておこう」と決めてお金を下ろしています。 あとは別に貯金用の講座や500円貯金箱を作っています。...

シンプル節約で 月にいくらくらいの節約になったか

5000円から10000円ぐらいです。

シンプル節約術をやって良かった点、悪かった点

 

その節約術をやって良かった点は、やってなかった時はいつも毎月赤字続きでした。

毎月いつもキチキチで苦しくて頭を悩ませていました。

 

家族もいつも健康という訳ではなくお金がないときに限って人は病気します。

お金がないからといって我慢するというわけにはいきませんから病院に行くしかありません。

そういう時に貯金があったら、そこから出せるのです。

 

そのことを考えるようになってから、節約しようと思い、本屋などで節約術を研究したりしましたが、同僚の方で、封筒に分けているというのを聞いて実行しました。

 

さすがその方法で節約に成功したので、今もその方法で節約しています。

悪かった点はありませんが、家族にケチと言われたことですかね。

食費の節約術
食費の節約術:どのような方法で生活費を節約しましたか 給料が出たら、封筒に1週間分の生活費を分ける。 食費は1週間6000円と決めて、週一でまとめ買いしています。 一週間の献立を決めて、値下げなどされている夜に買い物に行ってい...

シンプル節約術を続けるためのコツ

その節約術はお勧めです。

 

家族に節約してとうるさく言ってもうるさがられるだけですから自分で工夫するしかありません。

 

節約することにより自分の欲しいもの、したいことを我慢しすぎて、欲求不満になりがちになると思うので、メモ紙にこれを辛抱したら、ご褒美するとか書いて置けば、節約しようという気持ちになるのではないでしょうか?

 

これから始める人には、無理をせず、慌てず、家族と相談しながら、コツコツと節約してくださいと言うだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました